御礼そしてエクストリーム出社

トランペットMario(♀)です。

先日の第49回演奏会は、あの天候だったにもかかわらず、なんと520名ものお客様にご来場いただきました。
演奏会開催自体を見送った団体もあったようなので、本当に感謝、です。前プロ(バーンスタイン)でステージに登り客席を見たときに、「こうして来てくださる方々のためにも精一杯演奏しよう」そんな気持ちになりました。
ありがとうございました。

☆☆☆

さて話は変わりますが、みなさんは「エクストリーム出社」なるものをご存じでしょうか?
早朝から観光、海水浴、登山などのアクティビティをこなしたのち、何食わぬ顔で定時出社するというスポーツの一種だそうで、そのインパクトやアイデアの斬新さを競う全国大会も開催されているようです。

一部事例をご紹介します。

・始発で鎌倉へ向かい、観光と海水浴を楽しんでから、喫茶店で優雅に朝食。それから出社
・前日夜に箱根温泉街をぶらり訪ね、旅館の露天風呂でほっこり。そして、グリーン車で駅弁を食べながら通勤
・山手線全29駅を自転車で一周してから出社

そしてなんとこのスポーツ、かなり市民権をえているようで「日本エクストリーム出社協会」まで発足されています。
「日本トランペット協会」「九州忍者保存協会」など、世の中には様々な団体があるものですね。
そこが主催する全国大会では、「移動」「アクティビティ」「演出」の3つの採点基準に基づき競い合います。
競技者(「出社ニスト」と呼ぶ)は、デジカメやスマホなどのモバイルデバイスを駆使して自らのエクストリーム出社ぶりをアピール。
会社の始業時刻までに出社できなかった場合は、失格。
そんなエキセントリックなスポーツが多くのサラリーマンの心を掴んでいるようです。

ただこのエクストリーム出社。事例を見るとみんなアウトドアですよね。
「移動」「アクティビティ」「演出」の3評価軸なのであれば、演奏活動をメインにして十分活かせそうです。

・真冬の朝6時に厳寒の兼松講堂(今は寒くないか)に集合し、マラ9の演奏会で昇天後、何食わぬ顔で定時出社
・早朝、朝日を浴びながら岩井海岸の砂浜でバーンスタインのパート練習後、東京湾フェリーで横須賀へ渡り、何食わぬ顔で定時出社
・大阪→名古屋→東京の順に駅前でフラッシュモブを連続実施し、何食わぬ顔で定時出社

各種デバイスを駆使して音声とともに動画アピールすればかなりのインパクト!
そして、「決して一人ではできない」感が多くの個人参加出社ニストへの優越感を誘います。
エ出社協会の中でも異色の存在になること間違いなし☆

どうでしょう、体力の余っている若手オケメンらを中心にぜひチャレンジしていただきたいものです。
それでは。

■日本エクストリーム出社協会
http://www.エクストリーム出社.com/

私と水響と日曜の朝

おはようございます。

日曜朝の京王線から、社会人1年生のぺーぺー水響団員がお伝えします!

最近ようやく、朝晩の暑さが和らいできましたね。 寝苦しさが無くなってきました。とはいえ、眠い目を擦りながら練習会場へ向かいます…と思っていたら急行への乗り換えを逃すところでした。

 

さておき。何を書いたら良いか迷ったのですが 「私と水響」という内容で綴ってみることにします。

私が水響に初参加したのは、大学4年生のとき。(第47回のマラ6)

就職活動がひと段落してからでした。

今回は三回目の参加になりますが、

毎回のように、様々な領域で活躍される人生の先輩のお話を伺うことが出来て、恵まれているなあと思います。

社会人としての姿はもちろん、音楽の知識や、音楽の楽しみ方まで、参考にしたいなあと思うことが沢山!

この春から先輩方と同じ社会人という立場になってみて、より一層、その思いを強くしているところです。

 

 

それから、個人的な思いとして。

今回の演奏会に向けては

「おまえら見てろよ~!がんばるぞ~」

というような思いをモチベーションにしています。

 

社会人になってから出会った、 オーケストラやクラシックに関わりの無い方々が 聴きに来て下さる(予定)なので

「私が好きで、時間やお金や気持ちを費やしている活動がこれなんです!」

という自己紹介のような意味を込めて、楽しく演奏しようと思っています。

やけににやけている奏者がいたら、きっと私でしょう。乞うご期待。

 

とりとめないですが、

以上。20代代表がお伝えしました!

2013年9月8日

50代のつぶやき

50代代表に指名されました、初代委員長の笛吹きです。

今回は笛正団員の相次ぐ欠場により、なんと20代の若者たちに囲まれて演奏をできるという稀有な経験をさせていただいています。

それもこれも、30年も水響が続いたおかげであり、それを可能にしてくださった、素晴らしい委員長と指揮者に深く感謝しています。

水響が誕生したのは昭和59年(1984年)で、きっかけは昭和59年卒業生による「社会人初ボーナス」コンパでの「A寿司の誓い」に遡ります。(社会人なんだからSYでなく寿司屋に、とSYの前にあった寿司屋に行きました)。

現常任指揮者が、一橋オケに初めてトレーナーとしてお見えになったのが、私の世代が大学に入学した年の夏合宿であり、ご卒業(社会人になられた)も同じ年だったという奇跡的なご縁もあり、当然A寿司の誓いにご一緒いただけたのも本当に運命的なものだったと思います。

「学生時代にできなかった曲をやろう」と言うコンセプトのもと始めたオケでしたが、まさか50歳超えて楽器を吹いているとは、その時は思ってもみませんでした。

これからも、可能な限り末席を頂戴したいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

2013年8月25日

水響Tシャツ

水星交響楽団には水響Tシャツがある。それは、専属デザイナー某氏と日本の誇るTシャツメーカーの老舗、久米繊維のコラボによるものである。そのデザインは、イカシテル。国産にこだわる久米繊維のTシャツのクオリティは高い。

SN3F0422

水響といえば、最近はすみだトリフォニーでの演奏が多いが、久米繊維工業も錦糸町徒歩10分のところにある。最近まで社長をされていて現会長の久米信行さんは、10年ちかく前に知り合う機会を得て以来、大ファンなのだが、彼はすみだトリフォニーを本拠とする新日本交響楽団の評議員でもあり、Tシャツとクラッシック音楽と電線を愛する男である。

かくして、水響Tシャツは私のお気に入りである。

+++++

という感じで、6月末に締め切りと厳命されていたリレーブログ、1か月ちょっと遅れでスタートしてみました。水響ブログチームの皆さん、追っかけ投稿、よろしくお願いします!!

ヴァイオリンもっとうまくなりたい・・・けど練習嫌いな40代半ば男。